• HOME
  • 代表プロフィール

mun

 

シンプル化戦略コンサルタント。
ヒットアシスト代表/及川宗峰(おいかわむねたか)

価値の源泉となる経営者のコア、背景を引き出し、ゴールと世界観をワンフレーズ化する「あいことば」で、組織を1つにまとめる専門家。同時に事業成長の要点を見つけ、3つのシンプルなルールで、約2ヶ月以内の「業績アップとコスト削減」を同時に実現する。

 

経営者の本音を重視し、経営現場での実践支援をモットーに活動。
得意技は「錬話術」と呼ばれる「しつもん対話法」
相手の視野を広げ、思考を深めると共に、本質・本心、ゴール、今起こっていることの背景を、あらゆる角度から引き出す。

人間行動の本質にせまる「心理学」からはじまり、マーケティング・経営戦略など、長期から実務への落とし込みを中心として、経営現場・経営実務で身につけた技能を併せ持つ。人の「感じ方・捉え方(感性)」「価値観(ものごとの見立て)」と「生き方・在り方(スタイル)」について、特に強い興味がある。

ライフワークは「なりたい自分」や「人生の方向性」を見つける手伝い。自然美をあらわす「生け花(池坊)」が好き。

資格・認定・技能等

 

次世代ビジネス実践会認定 事業創造コーチ
(社)全日本SEO協会 認定SEOコンサルタント
日本メンタルヘルス協会 基礎心理カウンセラー
ライフロジックパートナー(春夏秋冬理論・公認講師

地域活性にむけた社会活動

(社)Read for Actionリーディングファシリテーター

お客様の声、これまでの支援実績

お客様の体験談と、これまでの支援実績は、別ページになっています。

現在の事業と、これまでの活動(概略)

宮城県登米市出身・1980年生まれ。宮城県佐沼高等学校卒業。

24歳で起業し、9年後の2013年には、経営戦略から落とし込む販促支援に業務を転換。
クライアントからの依頼は販促支援(集客支援)から、起業時の販路開拓。新規事業部の設立支援(事業計画づくり及び会社の仕組みづくり)、法人設立時の事業デザイン・経営実務の支援と、徐々に拡大。2015年までの異業種対応は27業種以上。

近年は「シンプル化」に特化。従業員同意で業績を上げる、シンプル・ルール戦略を提供。

2015年からは、月1回の異業種・戦略ミーティング(ボンプ・イノベーション・戦略月例会)を主催。

「日々の忙しさに追われず、会社の仕組みづくりをしたい」30代前後の若手創業経営者、幹部社員などが「報告・共有・テーマ設定」の場として集まる。

「まじめで誠実な会社の業績向上、実務体制づくりを支援して、現場に自信と誇り、使命感を育もう」

2007年の冬、父が社長をしていた実家の建設業が倒産したことをきっかけに、今の方向性に繋がっていった。

2004年に24歳で、まったく別のIT業種で起業。
集客からサービス提供、会計など、必要な全業務を自分で進め、仕事は順調に発展するも…父親のガン(ステージ4)が発覚。そして実家は、倒産。自分が独立して、4年目の出来事だった。

日々、仕事に追われながらも「見えない所も手を抜かず、顧客の強烈な支持も受け、まじめで誠実な会社が経営不振になった理由」について、強い疑問を持ち、考えていた。この謎を解いて「どうすればよかったのか」まで行き着かなければ、先に進めないと思った。

翌年に参加した2008年起業塾、2009年起業塾を機に、自分の方向性について再確認。他社の集客・販売支援をした経験もあり「まじめで誠実な会社の発展」を応援したいと感じる。そこから、それまでに身に着けていた販売・集客のスキルを磨き、経営戦略について掘り下げる事に繋がっていく。

「人の心が源泉となって、他にはない価値を生み出す」USPと戦略に衝撃を受ける。

2009年から、さらに集客スキル強化のため東京に通いつめる。そんな中、あるセミナーでUSP(選ばれる理由)・経営戦略を学び、人の想い・強みが生み出す価値について衝撃を受ける。以降、経営戦略、マーケティング、キャッチコピー等…根本的な経営論から、実践的なノウハウまで、むさぼるように読みあさり、セミナーに参加。

「商品・サービスの価値の源泉」である「人の感じ方・違い」に強い興味を持ち、価値観のヒアリングに没頭。
書籍は1200冊を超え、DVD・セミナー漬けの時間は、ざっと320時間を超えた。移動中も、休憩時間も、夜中も、日曜祝日も、何かを学んだり、試したりしていた。経営戦略の落とし込み、実践の繰り返しが、販促支援の質・スピードを劇的に強化した。

2011年からの2年間、東京と宮城の2拠点での活動中も、夜・休日まで現地の会社を支援。経営戦略の学習と実践を重ね、自己分析(棚卸し)や「価値観・強み」「心(欲求)と価値」の謎を解くため心理学を学ぶ。相手の人生から始まるコンサルティングスタイルで、打ち合わせ・ヒアリングは1日9時間を超える。質問によって「相手の価値観・経験から、輝く要素(強み)を掘り起こす」事に没頭。

「究極的には、どうなりたいのか?」「絶対的に、譲れないものは、なんですか?」

2013年には宮城県登米市に拠点を戻し、事務所名を「ヒットアシスト」として活動開始。

その直前の2012年には東京での事業立ち上げ、短期間での集客など、様々な効果を上げる。
また、地元・宮城県登米市や、石巻市の顧客に戦略構築。1週間で驚かれるほどの集客効果をあげる。

拠点を戻してからは、会社の「USP(選ばれる理由)」をキャッチコピーや、WEBの情報設計で販促支援を行う。

同年、会社の再構築(廃業と新規事業部設立)を支援することになる。
およそ2年がかりで、全社的な方向性、事業戦略(事業計画書の内容)から、会社の仕組みづくり(販路開拓や組織づくり、業務フローの整理)などの細部まで支援。自らも現場入りして落とし込みを手伝う。

その過程で、経営者と6000時間を超える問答の末、ヒアリング技法を整理し、しつもん対話法「錬話術」が徐々に確立。

結果、原点・ビジョンや、価値観・方向性などの「重要な要素」を質問によって引き出すスピードが各段に上がる。

また、会社の根本に関わり、経営者と仕事を越えた付き合いをしてきた経験から、経営者の人生観(人生経験や価値観・こだわり)と、会社の在り方(ありかた)がリンクしている事に、改めて強い興味を持つ。

その後も、別件での事業立ち上げから、会社が円滑に回るまでの、マーケティング、組織構築など、各部の仕組み化を行う。
同時に、若手経営者をマネジメント。戦略進行のナビゲーションと、経営実務能力のトレーニングを集中的に行う。

それぞれ別の社長、数人に「あなた1人いれば、会社の形ができるな」と言われる。
(が、実際に、会社をつくるのを実務として行ってきたので、「それもそうか」と思う。)

コピーライティング・マーケティングを中心に、現場の実務を行い、チラシ・DM・FAX、ネット、動画などを活用。
事業戦略づくり、計画書の作成から、銀行への同行。会社にあった人材の求人、採用選定、組織構築など。

会社の方向性から、業務全般の実務の先まで把握した上での、高精度のアドバイスに定評。

組織構築マネジメント・ツール「あいことば」提供開始。

ある日、創業経営者の話をきいたのち、事業定義を「言語化」して、提供。
「8年間抱えていた、言葉にならない思いが、魔法のように形になった」

言葉につまるほどの感動を目の当たりにして、これまでにない感銘を受ける。
これを機に、組織構築に「企業の旗印」として用いる「あいことば」をサービス化。

ただし、これは、「シンプル化・戦略」での、組織活性プロジェクトとして活動。

変化の時代のスピード戦略「シンプル・ルール戦略」との出会い。そして専門化。

2016年には、次世代ビジネス実践会(神田昌典さん主催)認定の事業創造コーチに。
今までの経験が全て活かせることから、シンプル・ルール戦略を専門に扱うことを決める。

現在は、「シンプル・ルール戦略コンサルタント」として活動。
おもな対象は、事業を後継して3年以内の経営者、事業を継ぐ2年前からの準備を行う後継者。

業績アップに向けたコンサルティングは全て「シンプル・ルール戦略」にて、提供。
経営現場の実務で培った、今までのノウハウを現場に落とし込み、「シンプル化」して、業績向上を支援する。

「事業には生き方を。言葉には心を。」を信条に、まじめで誠実な会社に、自信と誇り、使命感を育むため、経営者を現場で支援している。