• HOME
  • 【3年後感想映像あり】震災後2年支援で販路3つ確立・業績向上。創業メッセージでファン定着

常智さん

目的:ご依頼目的は、インターネットを活用した「販売の仕組みづくり(販路開拓・ファン獲得)」
会社の「独自性・ウリ」を引き出し、集客・販売向けの創業メッセ―ジ・プロモ―ションを行いました。

(有)アベツネ製作所(宮城県石巻市) 代表取締役:阿部常智 様

震災後、2年の支援。その3年後(2016年)、会社はどうなっているかを伺いました

こちらは、2016年7月時点でのご感想を撮影したものです。

※文字で読みたい方へ、動画+テキストつきのページをご覧ください。

下記は2回目(2013年)の支援時のご感想です

すごい…!!実行してすぐに反応がありましたよ。たった1週間で、前回以上の反応です。
前回も1ヶ月で相当反応がありましたが、2回目だからでしょうか。
ウチのような小さい会社でも、インターネットを活用すると効果は絶大ですね。全国各地に営業所があるように働いてくれています。

お客様は「何でこんなに親しげなの?」というような感じで、そうですね。前にも増して全然違います。
やっぱり、動画を見ているからなんでしょうね。「こちらは相手を知らないけど、相手はこちらを知ってる状態。」

仕事の内容も動画で説明して、全部見てもらっているし、姿や声も出しているから、安心感が違うんではないでしょうか。

はじめは半信半疑でしたが、その理由を教えていただけますか?

「仕事は人と人が、顔を向き合わせてナンボでしょ」という考えがあって「インターネットは、うまいこと言っているような所が多い」というか・・・。表面的で、うさんくさくて、逆に『古い』と思っていたためですね。

自分がホームページを見ても「本当に?」って、どっか信用できない。だから「お客様も、そうなんじゃないの?」という感じだったんですね。

昨年(2012年)に引き続き、ご相談いただいたのは、どうしてですか?

前にウチの特徴について、このような言葉で伝えた時に「お客様はこう思いますね」とか「(お客様には)これを聞いててね」って、色々と教えられましたよね。

で、ネットで問い合わせがあって、契約になったお客様から、ところで…と「何でウチにしてくれたか」の話を聞くわけです。
そこで「及川くんが言ってたままの言葉」が出てくるので「えっ!?」と驚いたんですね。
それが、別のお客様に聞いても同じだったり、何回もあるワケですね(笑)

たまただ違うことを言われても「あっ、これも言われてたことだ」と、ビックリするので「そうか…やっぱり狙い通りなんだな」と。
自然と納得したんですね。

なるほど。そのお客様からの反応は、どんな所がポイントだったとお考えですか?

「相手が、何を知りたいか」であったり「どう見せるか(伝えるか)」ということかと。
はじめに、色々、聞かれたじゃないですか。仕事の事から、仕事とまったく関係ないような事まで(笑)

「それが、仕事を受注するのに必要なの?関係してるの?」と、その時は思うのですが、後から「自分らの事を、こういう風に出す(伝える)ためか」って、気が付きました。

こんな風に「はじめから信用されて受注」というのは、気分がいいし、嬉しいですよね。
「動画を使えばいい」「インターネットを使えばいい」と言っても、ただ形だけじゃ、意味がないと思うんですよ。

「じゃあ、どんな言葉で伝えればいいか?」って言う時に、お客様が知りたいことだったり、自分達の見せ方だったり「こういう感じで」と教えてくれるのは大きいですね!

この2年後の2016年に、会社がどう変わったかのインタビュー動画。テキストつきのページです。

ヒットアシスト(及川)から

2度のお手伝いから、早くも3年経ちましたね。お久しぶりにお会いしましたが、お元気そうで何よりです!
そして、会社の状態も、良い方向へ大きく変わったとの事で、本当によかったです!!
お話を伺ったあと、改めて調査をしてみましたが、やっぱり他社さんの動きもあって、市場は大きく変わっていますね。

1番重要な所は抑えてありますので、あとはそれを、どう効果的に、効率的に発信していけるか。会社の現体制を踏まえて、現場に落としていけるか。この観点からまた、協力させて頂き、ステージアップの一助として尽力したいと思います。

映像でのご感想、本当にありがとうございました!