1秒で断るのです。

「何を、断るか?」

・・・不要なことを、です。

例えば、飛びこみ営業とか。~会とか、群れる会合の、誘いとかです。

「なぜ、1秒で断るのか?」

よくないからです。お互いに、よくないからです。

男女関係で考えてみてください。

興味がないのにズルズルと・・・お互いによくない(笑)

自分にとっても、相手にとっても、時間のムダです。

ムダな時間をださないことで、次にさっさといけます。

「使うべきところに、時間を使える」ということです。

つまり、相手の機会も、自分の機会も、奪わない。

ということです。

「どのように(どんな流れで)?」

飛び込み営業が来た場合のパターンです。

営業「ごめんくださーい」

~あいさつ・名刺など

何というサービス・商品か、を確認しておく。

まず、結論。

「結論からいうと不要(必要)です。なぜなら~」

※必要な場合は、いつ必要かも。ただ、基本的に必要なことはない(笑)

超・忙しいときは、これで終わり(笑)さっさと返す。

(少し息抜きしたい時など、相手する場合は、できるだけ早く、以下に入る)

私「これは、どんな商品(サービス)ですか?」

「特徴~~~」

私「どんな人が、どんな時に使いますか?」

または「どんな人が、どんな事で困った時に、使いますか?」

「~な会社(人)が、~な時に(~で困った時に)」

私「なるほど…であれば・・・」

~のあたりに、こういう会社があるから・・・。

~のような会社で、「~でお困りではないですか?」って感じで。

営業「あぁ…なるほどぉ」

私「うん。では、いってらっしゃい(笑)」

営業「ありがとうございます!」

 

(会社で教えてくれ…笑)

 

・断ることで、お互いの時間をムダにしない
(生産的なところに時間を投下できる・相手の時間を奪わない、という配慮)

・気まぐれに聴くときは、知らないふりして「与える」。
(同時に、どういう人間か、試している…笑)

ま、(モノとかではなく)何かの形で返してくる人は「まず、いない」ですね(笑)

「ラッキー」「ついてる」くらいに思っている人が、大半でしょう。

おかえしを働かせるくらいの人なら、トップ営業になっているでしょうね。

そもそも、検討外れの飛び込み営業も、ないでしょうが。
(マーケティングもしているだろうし)

 

そして、俺の記憶からは、除外されるのです(笑)

もしかすると、お客様の記憶からも、除外されるのでしょう。

受け手(買い手)としては、自分もそうですが、相手の時間をムダにしないために「1秒で断る」のです

送り手(売り手)が、贈り手であるためにも、相手の時間をムダにしないために「1秒で断ってもらう」のです。

 

嫌われるのが怖い人、人の目ばかり気にしている「自分かわいこちゃん」ほど

ダラダラと、している。

自分の事しか考えない人は、寒いです(笑)

相手の事を考えて「行動まで一貫させる人」は、温かいですね。

一見、きつい言葉、きつい行動でも、わかる人は、わかるでしょう。

分からん人には、一生わからん(笑)

 

関連記事一覧