新しい何かを達成しようとした時…

居心地のよい状態や、慣れた言動から脱却することは、重要です。

いまの自分は、自分自身へのイメージのもと、いまの自分のスタイルで生きています。

このスタイルを「あり方」と言っています。

在り方とは、生き方ですが

自分自身が、どうありたいか。

を、自分自身が定めている、という点で、より積極的で

自分自身が選んでいる言動の積み重ねであらわれる、生き方の結果、とも言えます。

意識的か、無意識か、を別にして

いまの自分は、自分自身が言動を選択し、いきついた結果なのです。

この、あり方。があって

発想が起こります。

その発想を実現するために

思考し、行動し(言動)

それが、結果としてあらわれる。

うまくいかない人は、何をやってもうまくいかない。

この理由を、単純に考えてみましょう。

結果は、行動によります。

うまくいかない人は、行動(言動)がよくないのです。

問題は、どうしていつも、結果がよくないのか?ということ

これはつまり、いつも行動がよくない

ということです。

では、どうしていつも、行動がよくないのか?ということです

それは、いつも思考がよくないから。ということです。

どんどん、遡っていきます。

どうしていつも、思考がよくないのか?となると、いつも、発想がわるいからです。

で、どうして、一度だけでなく

いつも発想が、よくないか?

というと

あり方が、よくないからです(笑

あり方がよくない…

自分しか、みえてない。とも言えます。

これは、自分しか見えない発想、を生み出します。

具体的な例をあげると

「(私は)迷惑をかけたくない」という人

これは、典型的なパターン。

この時点で

「(相手の)役に立てる」チャンスを逃しています。

もう1つ、典型的なパターン

「ごめんなさい」「すいません」が、口ぐせの人。

これは、自分が、申し訳ない。という気持ちです。

この状況…同時に、目の前の人に「ありがとうございます」を言うチャンスがあるはずです。

つまり、相手への感謝の気持ちを感じるより、

自分の、申し訳なさで、囚われているわけです(笑

こうなってくると

「どこまで、自分、自分、なんだろう?」と、キリがなくなってくるので

「あのね…」と、俺に指摘されることになります(笑

自分がカワイイ、カワイイと、自慰行為ばかりされても、

誰も幸せにならんし、時間のムダなわけです(笑

まあ、どう生きるかなんて、自己責任だから、極論、どっちでもいいんだけど。

本人が、自分に囚われるか、相手をきちんと見るか。

この、あり方で、自分中心か、世界(相手)へと繋がれるか。

そこを考えないから、今の心地よい状態にしがみつくために、なんだかんだ自分を正当化する。

発想、思考、言動…で、結果が変わる。

どうでもいいこと悩んだり、考える前に、まず、そこを考えたらいい。

と、俺は思います。

が…

これを見たあなたは、どう感じますか?(^^)

関連記事一覧