貴重な機会だった。

人生の先輩たちと話をした。

仕事の話をさておき、昔の話をたくさん教えてもらった。

年齢も肩書きも関係ない(少なくとも俺は)そんな話だ。

それが大切なことだった。

30年で時代は大きく変わったのだ。

そんなことは分かりきっていることだ。だが、体感しているか、いないかは、全く違うのだ。

その経験を共有してもらい、何に気づくかが重要なのだ。

この30年で時代がどう変わったか、色々と学んだ。

貴重な時間だった。

何をのこしてもらうのか。

何に気づいて、受けとめられるのか。

自分は、何をのこしていけるか。

今後30年で、どれだけの変化があるだろうか。

「5年、10年でずいぶんな変化がある。30年となると、計り知れない」

まさにその通りだ。

変化の大きさは予測できる。

大きさというか、大きい変化があることはハッキリしている。方向はハッキリしているのだ。

だが、変化の仕方までは正確ではない。つまり、位置まではわからない。

ハッキリしていることは、変わり続けることだ。

変わるのが怖い人もいる。

でも自分は、同じことを続けることほど、退屈なことはないのだ。

新しいことが起こり続けるのが、楽しみだ(^_^)

変える余地があるのは、楽しいことだ(^^)

変わっていくこともまた、楽しいのだ。

関連記事一覧